重機を高く売りたい|アルミウイングのトラックなどの重機を高く買取ってほしいとき
ロゴ

重機を高く買取ってもらうには

重機を中古で手に入れる

建築現場での作業で大活躍してくれる重機ですが、特殊な車両な分新車で購入するとどうしても高くなってしまいます。そんなとき強い味方になってくれるのが「中古重機」です。中古重機を購入するときに注目するべきポイントについてみていきましょう。

中古重機を購入するときの注目点

no.1

エンジンオイルの状態

一番に注目するべきポイントはエンジンオイルです。一般の車両でもエンジンオイルは半年に一度は点検し、汚れていれば交換しなければいけません。エンジンオイルは車両にとっての潤滑油です。汚れたものや古いもののままでは車両自体にも悪影響を与えかねません。中古重機を購入するときはエンジンオイルの状態をしっかりと確認するようにしましょう。

no.2

冷却水の状態

次に注目するべきポイントは冷却水です。冷却水は一般の車両よりオーバーヒートしやすい重機にとって、非常に重要な役割を果たすものです。冷却水がきちんと必要な分入っているかどうか把握しておくことが大切です。

no.3

整備をしてくれるかどうか

エンジンオイルや冷却水など必要なものがきちんと揃っているかどうかの確認の次に重要なポイントが、しっかりと整備してくれた上で引き渡してくれるかどうかです。重機は建築現場などで使用されてきた車両なので、一般的な車両よりもしっかりとした整備が必要になってきます。そのため買取って終わりではなく、整備できるところはしっかりと整備した上で引き渡してくれる業者なのかどうかを見極めることが大切です。

重機を高く売りたい

おもちゃ

高価買取してもらう方法とは

重機を買い換えるときに古い重機はできるだけ高く買取ってもらいたいものです。重機を高く買取ってもらうにはどういったところに注目していけばいいのでしょうか?

高価買取のポイント

重機の査定では、重機を稼動させた時間、重機の年式、アームなどのアタッチメント部分の動き、キャタピラーの劣化具合などを重点的に見られます。事前にこれらのポイントの状態をチェックし、メンテナンスできる部分に関してはメンテナンスしておきましょう。

キャビンの状態は特に注意

運転手が乗り込むキャビンの外観や中の状態は非常に重要なチェックポイントになってきます。その重機を購入した人はそこに乗って作業するわけですから当然といえば当然でしょうか。破れたシートや壊れた部分をわざわざ修繕する必要はありませんが、掃除をするなどして査定金額を上げる工夫をしましょう。

広告募集中